学生の本分は勉強!全ての学生にプロがおすすめする蛍光ペン 3選




The following two tabs change content below.
MT

MT

名前:MT
業界経験:約10年
性格:完璧主義
好きな文具:ボールペン(三菱鉛筆 ジェットストリーム)
本人から一言:いい情報発信とみなさんの文具への疑問を解決します!
icon-twitterTwittericon-google+Google+icon-instagramInstagramicon-youtubeYouTube

みなさんこんにちは〜。
第6回の授業を始めていきたいと思います。
嫌なタイトルだな、と思う方が多いのではないでしょうか。
……学生のみなさん、見るのやめないで下さいね(笑)。

しかしいくら嫌だと言いながらも、
勉強から逃げる事が出来ないのも事実。
それならば、せめて使う文具をお気に入りのものを揃えて、
少しでもモチベーションを高められる様にしたい!
そんな思いを込めて、今回はおすすめの蛍光ペンを紹介します。

ペン先に窓? 三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ!

先生が学生時代の自分に教えたい文具、ナンバーワンなこの商品。
2000年に第1弾が発売されます。
……この時に学生ではなかった、という時点で
年齢の推測が出来てしまいそうな気がしますが(笑)。

◎プロパス・ウィンドウ

・定価:100円(税抜)
・色:桃・黄・橙・緑・空

さて、このプロパス・ウィンドウの特徴とはなんなのか。
蛍光ペンでマーキングする際、左から右へ

Steaca MT
……あ、いきすぎちゃった!
って事ありますよね。
このプロパス・ウィンドウは、ペン先の窓から引き終わりが見えるので、
引きたい部分だけをしっかりマーキング出来ます。

通常の蛍光ペンではどこまで引けばいいかがわからない為、
引き終わりにかかるに従って引く速度がゆっくりになりがちです。
そうするとインクの溜まりが出来てしまい、
薄い紙だとインクが裏移りしてしまう事も。
それをこの窓がある事によって、
引き終わりをスパッと決める事が出来る!

うん、こういうシンプルだけど工夫と発想力で勝負する感じ。
まさに日本の文具って感じですね。
さらに2011年の2月にはプロパス・ウインドウ ソフトカラーが発売!

◎三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ ソフトカラー

・定価:100円(税抜)
・色:ヤマブキ・ライム・アクア・ラベンダー・サクラ

こちらはスタンダードタイプよりも淡い色合い。

そして2015年には、また新たなラインナップが発売されます。

◎プロパス ウインドウ クイックドライ

・定価:130円(税抜)
・色:スカイブルー・グリーン・イエロー・オレンジ・ピンク
イエロー(黒軸)・ピンク(黒軸)

こちらは蛍光ペンの長年の不満を解消した画期的商品!
最近の教科書や資料集は、カラー印刷されたものが多くなりました。
その為、紙にもツヤがありインクをはじいてしまう。
しかしこのクイックドライは、画期的な速乾性インクを用いて
特殊な紙でもインクが素早く乾く様になりました!

新開発の「Q−Dry(クイックドライ)インク」は、
液体の乾きが速く、色材粒子はしっかり定着するため、
インク乾燥時間を当社従来品の3分の1以下に短縮しています。
引用元:三菱鉛筆HP http://www.mpuni.co.jp/news/pressrelease/detail/20151019084021.html

ちなみに、黒軸の商品もあります。
学生さんは色がパッと見でわかる

社会人の方々はスタイリッシュな

をおすすめします。

~2017年6月3日追記~
日経WOMAN 2017年6月号の
『時間のムダが9割なくなるノート術&文具術』
の記事の中で、プロパス ウィンドウ クイックドライが紹介されました!
~2017年6月12日 追記~
2017年6月12日(月)放送の『中居正広のミになる図書館』にて、
三菱鉛筆のプロパス ウィンドウが紹介されました!
2000年に発売してから17年も経つのに、
こうして頻繁に紹介されるということは、
やはり人気が高い証拠ですね!

プロパス・ウィンドウはいかがだったでしょうか。

個人的には好きな蛍光ペンのナンバー1に輝くこの商品。
しかしみなさん、気になる点がありませんか。
2000年の発売から11年も経過してから
新しいラインナップが投入されたこのプロパス・ウィンドウ。
なぜ、これだけの時間を経てから新商品が投入されたのか。
そのきっかけになったであろう商品が、次の商品です。

“蛍光”ではない蛍光ペン マイルドライナー!

蛍光ペンというジャンルに登場した、異色の商品。
2009年にゼブラより発売された、マイルドナイナーです。

◎ゼブラ マイルドライナー

・定価:100円(税抜)
・色:全15色(詳しくは後述)

こちらの商品、なんと蛍光ペンなのにピカピカ光る蛍光色ではないんです。
最初メーカーの展示会で見た時には、
正直ニーズがどこにあるのだろうと思ってしまいました。
ところが、発売されるや否や大ヒット
特にこの淡い色合いは女性のハートをがっちり掴みました。

ちなみに、この日本の四季の様な色合いが受けたのか、
海外でもかなり人気なのだそうです

こちらの5色は『ほんのり蛍光色』。
マイルドピンク・マイルドオレンジ・マイルドイエロー・
マイルドブルーグリーン・マイルドブルーの全5色。
通常の蛍光ペンのメイン色が、淡い色合いになっています。

そしてこちらは『渋マイルド色』。
マイルドレッド・マイルドグリーン・マイルドダークブルー・
マイルドバイオレット・マイルドグレーの全5色。
グレーなんていう、普通の蛍光ペンには登場しない色合いも。

最後に『和みマイルド色』。
マイルドブラウン・マイルドバーミリオン・マイルドゴールド・
マイルドスモークブルー・マイルドマゼンタの全5色。

当初見た時にはニーズに疑問を感じたこの商品。
使ってみるとなるほど、という感じです。
目に優しいのはもちろんの事ですが、
先生は本を読んだりする際に大事な所にラインを、
なんてすると、本当に線だらけになってしまいます。
これを読んでいる学生さんの中にも、
教科書がラインばかりで、どこが大事なのかよく分かんない…
なんて方がいるのではないでしょうか。

そんな時に通常の蛍光ペンだと、
ピカピカする色味ばかりが前に出てきて、
肝心の文章があまり目立たない。

ところが、このマイルドライナーで引くと
ライン部分がふわっと優しく浮き出てくる様な印象で、
ちゃんとその文章自体を強調してくれます。

蛍光ペンの本来の目的である、

という本来の役割を、ソフトな色合いにする事によって達成した、
とても優秀な商品だと思います。

ちなみに、このマイルドライナーは手帳との相性もバツグンです。
学生だけではなく、社会人の女性に人気なのは、
手帳に書き込みの多いことからくるのでしょう。

ただ注意点が一つ。
こちらのマイルドライナー、本当に人気の商品である事に加えて、
少し前にゼブラさんの製造工場で火事があった影響で、
若干ではありますが、品薄状態です。
すぐに手に入らなくても、少し待ってあげてくださいね。

先生のちょっと寄り道こぼれ話

蛍光ペン特集!と銘うっている今回の授業。
マイルドライナーを書く際にゼブラのカタログを見ていたら、
蛍光ペンのページを探しても商品が載ってない。
あれ?と思ってページを戻ると、
なんとメーカーさん的には“ラインマーカー”
という商品カテゴリーに属するみたいです。
……まぁみんな蛍光ペンだと感じてるからいいですよね(笑)。

蛍光ペン界の重鎮 トンボ鉛筆 蛍coat!

トンボ鉛筆って長寿の商品が多いよなー、
と改めて感じさせてくれるのがこの螢coat。
1997年のグッドデザイン賞も獲得しています。

◎トンボ鉛筆 蛍coat

・定価:100円(税抜)
・色:きいろ・ももいろ・ちゃいろ・あお・きみどりいろ
だいだいいろ・あか・そらいろ・むらさき・やまぶきいろ

この商品の特徴はペン先を樹脂でコーティングしてある事。
このおかげでまずまずペン先がつぶれにくくなっています。

そして、ここが学生諸君におすすめの一番の理由。
このコーティングのおかげで、定規を使ってもペン先が汚れない

ペン先がツブれて線幅が広がる、
定規を汚してその汚れで他のペン先や周囲を汚す、
なんて不快な思いも、蛍コートのポリマーコート芯なら大丈夫。
耐久性に優れる高分子ポリマーが芯をしっかりコーティングし、
ペン先の不満をぐっと軽減。
いつも正確できれいなマーキングを可能にします。
引用元:トンボ鉛筆HP http://www.tombow.com/products/kei_coat/

定規を使って蛍光ペンを引くと、定規についた他のインクが
ペン先についてしまって、汚い色になってしまう。
先生もコレが大嫌いで、カラーペンで線を引くときに
定規を使ったら、必ず定規を拭くようにしています。
でも蛍coatならそんな面倒なことしなくても大丈夫なんです!
いやー、これも日本らしい細やかな工夫ですね。

ちなみに1本80円のタイプも発売されています。
こちらはペン先が片方だけのタイプですね。

◎蛍coat 80

・定価:80円(税抜)
・色:きいろ・ももいろ・ちゃいろ・あお・きみどりいろ
だいだいいろ・あか・そらいろ・むらさき・やまぶきいろ

さて、この蛍coatにはチャージャーなるものが別で発売されています。

◎蛍coat チャージャー

・定価:350円(税抜)
・色:きいろ・ももいろ・ちゃいろ・あお・きみどりいろ
だいだいいろ・あか・そらいろ・むらさき・やまぶきいろ

Steaca RT
一体これはなぁに?

とペン先をinする事によって、
インクの補充が可能なのです!

ボトル1個で約10本分の補充が可能です。
差してから10分で補充は完了します。
先端の工夫の細やかさに半面、
なんてダイナミックなインク補充方法なんでしょう。

しかししかし、まだ終わらない!
このチャージャーにも細やかな工夫が施されています。
ボトルに蛍coatを差して補充している時に、
肘が当たって倒れてしまった!


この特殊な凸型の形状は、補充中に倒れても
中のインクがこぼれない様にできているんです!

ちょっとユニークな安定した凸型の容器で、
補充中に万一倒してもインクがこぼれません!(@o@)
差し込み口からペンをガイドするパイプの長さ、インクの量、ボトル底の広さ、
それぞれのバランスでついうっかり倒しても安心なセーフティ構造になっています♪
引用元:トンボ鉛筆HP http://www.tombow.com/products/kei_coat/

引用元:YouTube JOINTEX-TVより

蛍coat本体が受賞したグッドデザイン賞を、
こちらのチャージャーも2003年に受賞しています。

発売から20年以上を経過した商品が、
未だに輝き続けている。
文具業界の特色を体現する様な素晴らしい商品ですね。

蛍光ペンの概念を覆す! テキストサーファーゲル!

最後に登場するのが、私も大好きステッドラーのこの商品。
2009年の発売と同時に蛍光ペン界に激震が走りました。

◎ステッドラー日本 固形蛍光マーカー テキストサーファーゲル

・定価:150円(税別)
・色:イエロー・ピンク・オレンジ・ブルー・グリーン

固形蛍光マーカーという名前の通り、
インクではなくクレヨンの様な軸が入っています。
お尻の部分をくるくると回して、口紅やリップクリームの様に使うという、
今までの蛍光ペンにはなかった構造です。
更に固形のインクの為、2〜3日キャップをしないで
放置していても乾くことなく使用できます。

そして他社の蛍光ペンとはラインの印象もまったく違います。
線幅に従ってきっちりとしたラインが引ける他社蛍光ペン。
一方でテキストサーファーゲルは、先端の丸みもあって、
ぼやっとした印象になります。

しかしテキストサーファーゲルの本領はそこではありません。
書いてみるとわかる“ぬるっ”としたその独特な書き味に、
思わず

Steaca RT
うわっ!
と声をあげることうけあいです。
先生が店頭で試し書きのイベントを開催した際には、
書いては歓声をあげ次々と買っていく方々が後を絶ちませんでした。

この書き味は……言葉で説明するのが本当に難しい。
とにかく書いてみてください!
そして店頭で同じように声を上げてみてください(笑)。
ちなみに、蛍光ペンの弱点と言えば裏抜け。
チェックした箇所の、特に最後の部分でインクが溜まり
紙の裏にインクが染みてしまう事が多々あります。
しかし、このテキストサーファーゲルは大丈夫。
そもそもインクが液体ではないので、染みるという事がありません!

まとめ

今回の蛍光ペンの授業はいかがだったでしょうか。
どの商品も特色のあるものばかりだと思います。

しかし実はまだまだ蛍光ペンには驚きの商品が沢山あります。
それらの商品はまたいずれご紹介したいと思います。
お楽しみに!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MT

名前:MT
業界経験:約10年
性格:完璧主義
好きな文具:ボールペン(三菱鉛筆 ジェットストリーム)
本人から一言:いい情報発信とみなさんの文具への疑問を解決します!
icon-twitterTwittericon-google+Google+icon-instagramInstagramicon-youtubeYouTube