予約必須!期間限定 ぺんてる“らくがきカフェ”レビュー!メニュー最高!




The following two tabs change content below.
MT

MT

名前:MT
業界経験:約10年
性格:完璧主義
好きな文具:ボールペン(三菱鉛筆 ジェットストリーム)
本人から一言:いい情報発信とみなさんの文具への疑問を解決します!
icon-twitterTwittericon-google+Google+icon-instagramInstagramicon-youtubeYouTube

こんにちは~、SteacaのMTです。
今回はSteaca学級新聞の第2号という事で、
突撃取材に行ってまいりました!

今回お邪魔したのはコチラです!

『GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel』
公式HP:http://pentel-rakugaki.jp/

場所は銀座駅を出てすぐにあります!

2014年6月2日~7月27日、そして2015年9月6日~10月31日の過去2回、
期間限定で開催されたこのらくがきカフェ。
3回目の今回は、2017年2月4日~3月31日まで開催されるという事で、
急いで行ってまいりました!
なお、取材と言ってももちろん公式なものではありません。
ただMTとRTのおっさん2人で行っただけです(笑)。

らくがきカフェは予約で一杯、早めの予約が吉!

そんな訳でうららかな3月の日差しの中を、
RTと一緒に銀座へやってまいりました。
スマホで場所を調べて歩いていくと、看板がありました!

そして意気揚々と奥のエレベーターで7階に上がると

Steaca RT
あれ、まだ開いてない?
なんとなくカフェなんだから11時ぐらいからやってるだろう、
と何も調べずに行ってしまった私達。
店員さんが準備中にも関わらず出てこられて一言、
店員さん
ご予約されてますか?
Steaca MT
……え、予約?カフェなのに予約がいるの?
私達はこのらくがきカフェの人気のすごさを、
まったく理解していませんでした。
休日はもう1日中予約で一杯なんだそうです。

予習不足を反省しながら帰ろうとすると、
大変親切な店員さんが予約のスキマを見つけてくださいました。
そして30分だけという約束で予約していただく事が出来ました。
あの時の店員さん、本当にありがとうございました!

期間限定という事で残りも約3週間ほど。
さらに混雑すると思うので、行きたい方は早めの予約をおすすめします!

コンセプトは「RAKUGAKI FACTORY」 店内はらくがきを生み出す工場!

予約の時間となり、無事入店する事ができました。
入り口はこんな感じ。

扉を開けると・・・


Steaca MT
あれ?普通のカフェ?らくがきは?
と思いきや・・・


Steaca RT
らくがきだらけじゃー!
店員さんからは
店員さん
今回のコンセプトは工場です
と教えていただきました。
なるほど、店内には歯車の装飾なんかもしてありますね。

ちなみに前回の2015年のコンセプトは美術館だったそうです。

2015年のテーマは「美術館」。
店内は美術館をモチーフにした内装です。
テーブル、椅子、壁、床、窓、柱だけでなく、
ゴッホ、フェルメール、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ムンク、マネといった
有名絵画や石膏像にも自由にらくがきする事ができます。
引用:ぺんてるHP
http://www.mpuni.co.jp/news/pressrelease/detail/20170228092814.html

今回ももちろん壁、床、柱、テーブル、イス、
店内にあるもの全てにらくがきが可能!ただしトイレはダメみたいで
こんなマークがありました。

という事でさっそくらくがき開始!
もう開催から時間も経っていたので、壁は一面落書きだらけ。
なので座っていたイスに、

こんな風に書かせて頂きました!
これから行かれる方は、店内のイスの中からぜひこのらくがきを見つけて下さい。
そして写真を撮って送って頂けると、とてもうれしいです♪

文具らしさ満載!アルコールもあるちょっと大人なメニューたち

らくがきに夢中になるMTの横で、RTはメニューに夢中!

Steaca RT
このメニューすごい!
これかなー。いや、やっぱりこっちかなぁ。
とまるで女子の様に悩んでいました。
それもそのはず、メニューもたくさんあって楽しい!

こんなにも沢山あるんです!
その中からそれぞれ飲み物と注文。
まずはMTが頼んだ、修正液ソーダ!(税別:880円)

くっきりとした青色のソーダの上にアイスとクッキーがのっています。
そのクッキーの図柄は本物のぺんてるの修正液と同じ!
だけどクッキーですからもちろん食べられます。

そしてRTが頼んだのはこちら!
ポスターカラードリンク(税別:880円)

ポスターカラーのビンをイメージしたグラスに、
パイナップルとオレンジのカクテルが入っています。
RT、お味はいかがですか?

Steaca RT
超あまーーーーーーい!!

乾いたのどにしっかり染み込む甘さだったと言っておりました。

さらに、こんなものも頼んでみました。
食べられる消しゴム(税別:300円)

消しゴムの授業、
小学校入学で準備すべきプロおすすめの文房具② 〜消しゴム編〜

小学校入学で準備すべきプロおすすめの文房具② 〜消しゴム編〜

2017.03.04
で紹介した
消しゴムainがお皿にのって出てきました。

口に入れてみると……なんと、クリームチーズです!
そして食べてから気が付いたのですが、
横にはちゃんとバーコードと

『MADE IN RAKUGAKI CAFE』の文字が。芸が細かい!

飲み物にはコーヒー以外のすべてに“ノンアル対応可”の文字がありました。
ということは基本、アルコール入りなんですね。
昼のカフェタイムと夜にはバータイムになるからかな。
カウンターにもアルコール類がたくさん置いてあるのが見えました。

一方で店内には子供連れのお客さんも多くいらっしゃました。
子供たちはどこにでもらくがきしていいこのカフェに、
テンション大盛り上がりという感じでした。
大人も子どもも一緒に楽しめるお店という事ですね。

まとめ:大人も子どもも、30代のおじさんも楽しめる空間!

こんなキャッチフレーズのゲームが昔ありましたね。
このチョイス自体がもうおじさんな訳ですが(笑)。

でも本当にこの大人が周りの目も気にせずはしゃいでしまう、
そんな不思議な空間がここにはありました。
周りにはらくがきだらけの壁がって、
今までの生活の中では出会ったことのないこの非日常感。
この感じが大人の私達の心も大きく盛り上げてくれました。

ちなみに最後の最後まで私はらくがきに夢中でした。
帰る直前まで、こんなとこにもらくがきしてきました。


Steaca MT
URL間違えた!http://steaca.comです・・・
さっきのはイスだったので探さなければわかりませんが、
今度はレジの下に書いたのですぐわかると思いますよ!

そして帰り際にはレジの上に置いてあった筆サインのタワーの中から
1本頂けるという事で、それぞれ頂いてまいりました。

外に出た時の、

Steaca RT
なんか楽しかったなー!
というRTのふとしたつぶやきが印象的でした。

文具と一緒にいつもの日常から少し離れられる、
そんな時間を楽しみたいのなら、ラクガキカフェはぜひおすすめです!
でも絶対予約して行った方がいいですよ!(笑)。

それではまた次の第3号の学級新聞で会いましょう。
健康と共にあらんことを!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MT

名前:MT
業界経験:約10年
性格:完璧主義
好きな文具:ボールペン(三菱鉛筆 ジェットストリーム)
本人から一言:いい情報発信とみなさんの文具への疑問を解決します!
icon-twitterTwittericon-google+Google+icon-instagramInstagramicon-youtubeYouTube