Let's draw your life freely!

【3/30UP】食べられる野帳?kitteで開催!限定品が満載のコクヨハク2018レビュー

2017年総まとめ! Life Paletteおすすめ文房具ランキングBest5!

 
  2018/01/16
MT
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
MT
名前:MT
性格:完璧主義のめんどくさがり
既婚で春からお父さん
主に記事を書いています
映画が好きなインドア派
icon-twitterTwittericon-google+Google+icon-instagramInstagramicon-youtubeYouTube
詳しいプロフィールはこちら

みなさん、こんにちは~。
Life PaletteのMTです。

いよいよ2017年も12月!
今年も終わってしまいますね。

そんな2017年の締めくくりに、
今年Life Paletteでご紹介した商品の中で、
特に人気の高かった文具Best5を、
ご紹介いたします。

それではいってみましょう!

2017年の流行文具大賞1位! ぺんてる オレンズネロ

2017年通して1番の話題の文具といえば、
やはりぺんてるのオレンズネロでしょう。

2月15日に発表されるやいなや、
色々な文具ブログでもレビューが上がり、
SNSでも一気に話題になりました。

3,000円というシャーペンとしては、
異例の高単価!
なのにまったく生産が追い付かず、
未だに手に入らない方もいるようですね。

私が個人的にオレンズネロで好きなところは、
手の中にしっくりと収まる絶妙な重さです。
高級感のあるしっかりとした重さがありながら、
書く事にストレスを感じない。
このバランス感が絶妙だと思います。

オレンズネロのさらに詳しい情報は、
以下の記事をご覧ください。

2017年の文具を語る上では、
オレンズネロは絶対に外せませんね!

オレンズネロの意外なライバル!? オートのノノック

続いて紹介した私自身が一番驚いた!?
オートのシャーペン、ノノックです!

『ノック不要の折れないシャーペン』という、
オレンズネロにもろかぶりしてしまったノノック。
比較すると重すぎるだとか、時期が悪いとか、
記事内でもけちょんけちょんにレビューしてしまいました。

しかし!
発売するやいなや欠品続きで大人気!
Life Paletteでもアクセスがとても多かったです。
……オートさん、ごめんなさい(笑)。

でも記事にも書いたけれど、
私自身はオートさん嫌いじゃないんですよ!
ただあまりにもタイミングが悪いなぁと、
個人的には思ってしまいました。

しかし、同じスペックの大ヒット商品がある中で、
これだけ評価を得たのだから、
商品としての力は相当高いという事ですね!

オレンズネロのライバル、
オートのノノックも2017年では外せないシャーペンです。
気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

発売から30年!ぺんてるのシャーペンスマッシュの人気が止まらない!

1986年の発売から30年!
高い人気を保ち続けているのが、
ぺんてるのシャーペン スマッシュです。

そして2017年は限定カラーが多く発売され、
大きな話題になりました。
ロフト限定カラーは手に入れるのが
とても大変だったようですね。

そんな大人気のスマッシュを、
限定カラーも含めてこちらでご紹介しております。

そしてスマッシュの人気の秘密に迫る、
こちらの記事もぜひ読んでみてください!

個人的にはスマッシュの人気を、
うまく例えて説明できたと思っているのですが
……いまいちアクセスがよくないんですよね(笑)。

それにして、2017年のシャーペン部門は
ぺんてるが突出していましたね。
ただ実際に中高生によく売れているなぁと、
私が感じたのはゼブラのなんです。

しかしドーン!と突き抜けて話題になるのは、
やはりぺんてるの商品なんですよね。
1月にLife Palette内で開催した、
『折れないシャーペンランキング』でも、
一位はオレンズでしたし。

30年売れ続けるシャーペンを作れる実力は、
やはり他には真似できないのかもしれませんね!

販売中止から奇跡の生還!サクラクレパスの消しゴム ピュアスリム!

シャーペンの紹介が続きますが、
ここで登場するのが消しゴム ピュアスリムです。

売行きが落ちた事からサクラクレパスが、
一度は販売中止を決めたこのピュアスリム。
その知らせを聞いてTwitterで
『めちゃくちゃよく消えるのになぜ!?』
『やめないで!』
の声が続出。
一時は価格が高騰する様な事態にもなりました。

その声に押される形で、
サクラクレパスは再販を決定!
という大変ドラマチックな復活をしたのが、
このピュアスリムです。

その消字力(←こんな言葉が文具業界にはある 笑)の高さを、
こちらの記事で紹介しています!

また小学生におすすめの消しゴムも、
こちらの記事でご紹介しています。
ピュアスリムと中身はまったく同じの、
小学生用の消しゴムも登場しますよ!

シャーペン界のキング!クルトガの進化形 アドバンス!

最後に登場するのが、三菱鉛筆 アドバンスです!
『シャーペンといえばクルトガ!』
というぐらい人気の高いこのシャーペン。

そのクルトガの進化形として、
2017年に発売されたのがこのアドバンスです。

普通のクルトガの倍のスピードで芯が回転する、
Wスピードエンジンが最大の特徴で、
クルトガファンの心をわしづかみにしました。
さらに折れない機構を搭載したりと、
今までのクルトガの良さを純粋に高めた、
三菱鉛筆らしいシャーペンです。

まだまだこれから新しい展開を準備している様なので、
これらかの新商品も楽しみですね!

まとめ:MTが“忖度”して選ぶ2017年を表す文具とは!?

2017年の流行語大賞が
『インスタ映え』『忖度』に決まりました。
来週12月12日(火)には『今年の漢字』も発表されます。

そんな中‟2017年を表す文具”を、
私も勝手に忖度してみました(笑)。
それはやはり……

『シャーペン!』

だと思うのです。

これだけシャーペンが充実し話題になったのは、
この10年で初めてだと思います。
2008年にクルトガが発売されて、
一大旋風を巻き起こしましたが、
この時はクルトガ単独でした。

しかし今年は複数のメーカーから、
それぞれ特色のあるシャーペンが、
続々と発売されました。
ランキングには惜しくも残らなかったですが、
パイロットのモーグルエアーも2017年1月の発売ですしね。

早川徳次(シャープの創業者!)が、
のちのシャーペンの元祖となる『早川式繰出鉛筆』を発売したのが1915年
誕生から100年も経つのに、
まだまだ進化し続ける!
日本の文具業界は、
本当に世界一だなと改めて感じました。

2018年もさらに素晴らしい商品が、
沢山登場する事を期待しましょう!

それではまた次回の記事で。
健康と共にあらんことを。

この記事を書いている人 - WRITER -
MT
名前:MT
性格:完璧主義のめんどくさがり
既婚で春からお父さん
主に記事を書いています
映画が好きなインドア派
icon-twitterTwittericon-google+Google+icon-instagramInstagramicon-youtubeYouTube
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Life Palette , 2017 All Rights Reserved.