2017年日本文具大賞のグランプリを大予想!デザイン部門は大混戦?




The following two tabs change content below.
MT

MT

名前:MT
業界経験:約10年
性格:完璧主義
好きな文具:ボールペン(三菱鉛筆 ジェットストリーム)
本人から一言:いい情報発信とみなさんの文具への疑問を解決します!
icon-twitterTwittericon-google+Google+icon-instagramInstagramicon-youtubeYouTube

みなさん、こんにちは~。
SteacaのMTです。

前回に引き続き今回も、
2017年7月5日〜7日まで開催されるISOTで決定する
日本文具大賞特集です。

一般入場は不可?文具大賞?文具の祭典 ISOT2017 初心者向けレポート

2017.07.06

前回は機能部門の5製品をご紹介しました。

2017年日本文具大賞機能部門のグランプリに輝くのは?大予想!

2017.07.02

今回はデザイン部門の優秀賞受賞製品
5つをご紹介します。
ではまず、過去のデザイン部門のグランプリ製品。
こちらを見てみましょう。

デザイン部門のグランプリ製品 2011年~2016年

デザインというセンスが問われる
部門なので傾向がよくわかりません(笑)。
なのでちょっと作ったメーカーを
見ていくことにしましょう。

2016年に受賞した飾り原稿用紙 碧翡翠(アオヒスイ)
作っているのはあたぼうステーショナリー
文具ライターの小日向京さんとのコラボで
この飾り原稿用紙が生まれました。

2015年のMiLLiSECOND アルミメタルメジャー金属加工メーカータケダ
デザイナーの山口英文さんのコラボ。

2012年・2013年の受賞はマークス
2013年は、ノートのRE:FIN[E]D PRODUCTS/Uroko

2012年は、今やド定番の手帳、デイリー・プランナー“エディット”

マークスは、文具業界でもデザインにこだわった商品を、
多く発売するメーカーですね。
2011年受賞は今や知らない人はいない、
カモ井加工紙のマスキングテープシリーズ mt slim

うーん、ザ・文具!
という商品を作っているメーカーは少ない。
・・・おや、2014年になんと!
呉竹のZIG メモリーシステム ウインク オブ ルナ ブラッシュがグランプリ!
このメンツの中でのグランプリはすごいですね。

でも原稿用紙やメジャーなど、
普段の生活でしっかり使う商品じゃない。
そんな商品もグランプリを獲得する事から、
商品が役に立つ!という要素は、
無くてもいいみたいですね。

すみません。
デザイン素人の私にデザイン部門の
傾向を読み取るのは難しかったようです(笑)。

ではここから本題。
デザイン部門の優秀賞5点を紹介します。

日本文具大賞2017 優秀賞~デザイン部門~ 受賞製品 5点

tete

・定価:6,500円(税抜)
・リフィール:20種類
・メーカー:啓文社印刷工業


出典:啓文社印刷 Facebookより

こちらも現物が見られていないので、
色々な情報から予想するしかないのですが、
表紙・留め具・リフィール等をカスタマイズできるみたいですね。


出典:啓文社印刷 Facebookより

愛着を持って長く使ってもらうための、
革製カバーだったりオリジナルカスタマイズ、
という製品なのだと思います。

啓文社印刷さんは神戸の印刷屋さんで、
地元で活版印刷の体験会なども
行っているみたいです。

ちなみにteteの名前の由来は

ノートのように使ったり、
手帳のように使ってもらいたく、
間の子のような存在になってほしいので
手帳のteとnoteのteを組み合わせて、
teteとネーミングしました。

啓文社印刷 Facebookより

との事。
製品へのしっかりとしたこだわりが、
説明だけ読んでも感じられます。
うーん、会場で見るのが楽しみ!

びわこテンプレート

・定価:400円
・メーカー:コクヨ工業滋賀

以前コクヨハクに行った時にも目にした、
びわこテンプレートがノミネート!
商品がまだ手に入っていないので、
画像は後でアップしますね。

びわこが描けるテンプレートという事で、
ただただ滋賀愛に溢れる商品。

こないだ紹介した古墳文具といい、
その土地の特色をアピールするのに、
文房具って本当に相性がいいんですね。

歴女必見!古墳女子に古墳フェス?今古墳が熱い!古墳文具をレビュー

2017.06.29

パッケージ台紙は琵琶湖で育てられている、
ヨシを使ったヨシ紙を使用している
そうです。
同じヨシ紙を使った商品が、
ReEDEN(リエデン)シリーズという名前で
ノートなども販売されています。
以前買ったReEDENノートは、
コクヨハクの記事でご紹介しています。

注目は限定の測量野帳! コクヨの博覧会『コクヨハク2017』でお買い物レビュー

2017.04.01

ブロッククリップ

・定価:500円(税抜)
・色:ピンク・赤・緑・青
・メーカー:デザインフィル


出典:デザインフィル ミドリカンパニー 公式HPより

みんな大好きブロックで、
好きな形を作れるクリップ
です。
これ絶対RT好きだなーと、
見た時に思いました(笑)。

最近はふせんなんかも、
一工夫されたものが人気ですよね。
オフィスに遊び心を持ち込む様な、
そういう商品が今人気なので、
ブロッククリップもバカ売れ間違いなし?


出典:デザインフィル ミドリカンパニー 公式HPより

あなたの小道具箱

・定価:2,400円
・色:きいろ・あか・みどり・あお
・メーカー:ぷんぷく堂


出典:ぷんぷく堂 公式文具通販サイトより

“夕方17時から開いている文具屋”
で有名な千葉のぷんぷく堂さん。
こちらのオリジナル商品が、
「あなたの小道具箱」です。

一見するとただの小さいお道具箱。


出典:ぷんぷく堂 公式文具通販サイトより

なんだけど
しっかりした材質、
職人さんの手作り、
などのこだわりが詰まった商品。
シンプルな色合いなのも、
またとても愛着が沸く商品です。

“Jurassic Book” の本

・定価:不明
・詳細:不明
・メーカー:PAPER ART VIET LLC

ごめんなさい!
この製品は色々調べてみたのだけれど、
まったく情報がなくてわかりませんでした。
なので画像も今回はないので、
ISOTのHPからご覧ください。

ISOT 日本文具大賞優秀賞受賞作品一覧

どうやらベトナムの紙製品メーカー?
という感じみたいですね。
レーザーカットで作られた、
カード類なんかも人気のようです。

飛び出す絵本の様に、
本のページを開くと恐竜の化石が、
ポップアップで飛び出す。
そんな感じでしょうか。
これも現地でチェックします!

Steacaグランプリ大予想!~デザイン部門編~

デザイン部門の優秀賞受賞製品5点、
ご紹介して参りました。
ではSteaca的グランプリ受賞予想製品の
発表と参りましょう。
その製品はコチラです!

あなたの小道具箱

ぷんぷく堂の、
「あなたの小道具箱」です!

デザインは本当にシンプル。
でも持つとわかるのですが、
本当にしっかりとしていて、
小さいのに重みもあります。

シンプルなデザインだから年を経ても、
ずっと飽きずに使い続けられる
丈夫な材質だから、
ずっと長持ちしてくれる
いいデザインってこういう事かな、
と感じさせてくれる商品です。

ずーっと欲しくてお店にも行きたくて、
今回この機会にやっと訪問できました!
詳しい記事はまた追って書きますね。

というわけで、
Steaca的デザイン部門グランプリは
「あなたの小道具箱」を推し文具と致します!

まとめ

さぁ文具大賞デザイン部門
いかがだったでしょうか。
詳細がわからない商品もあり、
こちらも予想が難しい!

でも全体に共通するのが、
その製品に対する愛情の注ぎ方が強い事。
地元だったり手作りだったりと、
ただ凝ったデザインっていう製品ではないものが、
多くノミネートされている様に感じました。

7月5日の発表を心待ちにしましょう!
それでは、また次回の記事で。
〜2017年7月6日追記〜
2017年7月5日!
日本文具大賞グランプリが決まりました!

2017年日本文具大賞機能部門グランプリはカール事務器の「エクスシザース」!

2017.07.05

祝グランプリ!2017年日本文具大賞デザイン部門はぷんぷく堂 あなたの小道具箱!

2017.07.05

健康と共にあらんことを。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です