【2017年下半期】テレビに出た人気・話題のおすすめ文房具とは?







みなさん、こんにちは~。
Life Paletteのいつきです。

11月に入り徐々に寒くなってきましたね。
もうすぐ2017年も終わりという事で、
今回は2017年下半期に話題になった文具を紹介いたします。

ちなみに6月に2017年上半期の人気文房具特集と、

おすすめシャーペンの記事を書きました。

両方の記事でトップは、
ぺんてるのオレンズネロ!

人気・話題の大きさ共に、
2017年の主役である事は間違いないですね。

さぁ下半期にはオレンズネロに匹敵する、
話題の文房具は登場したのでしょうか?

それではいってみましょう!

年に1回の文具の祭典 ISOT開催!

今年の7月5日・6日・7日の3日間で開催された、
国際 文具・紙製品展=通称ISOT
年に一度の文具の祭典が、
下半期で一番の大きなイベントだったと思います。

Life Paletteが開設してから、初めてのISOT。
この会場で発表される、
『日本文具大賞』も大きく注目されました。

ISOTとはどんな展示会なのか、
日本文具大賞とはどんな賞なのか、
こちらの記事でご紹介させて頂きました。

年末の漫才の祭典『M-1グランプリ』と似ていて、
ここでグランプリを獲得すると、
文具界でも一躍注目の的となりますね。
下半期の文具を語る上で、
このISOTは外す事の出来ないイベントだと思います。

そんなわけで、
まずは日本文具大賞のグランプリを受賞した、
2つの商品のご紹介です。

日本文具大賞機能部門グランプリ カール事務機 エクスシザース

日本文具大賞の機能部門でグランプリを獲得したのは、
カール事務機のエクスシザースです!

created by Rinker
カール事務器
¥6,048 (2019/04/27 21:27:11時点 Amazon調べ-詳細)

元々カール事務機さんは、
クラフトパンチや鉛筆削り、
デスクカッターなんかで有名なメーカーです。
それがなんとハサミを新商品として発売!
しかも、文具大賞のグランプリまで獲得!
ダブルで驚きでしたね。

このハサミの特徴は、
従来の2倍の3mmというぶ厚さの刃。

……ん、ぶ厚い刃?
こないだもなんか書いた様な気がする。

これだー!!
岐阜県関市のニッケン刃物のハサミを、
先日ご紹介しました。
なんと、このエクスシザースの刃も、
同じ関市で作られたのだそうです!
刃物の町関市、恐るべしですね。

9月発売予定でしたが、
少し遅れているようですね。
定価7,000円とかなり高価ですが、
職人技の詰まったこのハサミ。
興味がある方はぜひ!

エクスシザースの詳細は、
以下の記事でも紹介しています!

日本文具大賞デザイン部門グランプリ ぷんぷく堂 あなたの小道具箱

続いてデザイン部門のグランプリ、
ぷんぷく堂のあなたの小道具箱です!

created by Rinker
ぷんぷく堂
¥2,592 (2019/04/27 21:27:11時点 Amazon調べ-詳細)

ぷんぷく堂さんは、
千葉県にある小さな文具屋さんです。
店主の櫻井さんが『あったらいいいな』を形にした商品。
その一つがこのあなたの小道具箱です。

シンプルなんだけどしっかりした作り。
パスコという硬質紙を職人さんが加工し、
一つ一つ手作りで作られています。

買った人が長く使える、
そんな”使う人目線”がうれしいですね。

ぷんぷく堂さんには、
他にも‟良い”商品がたくさんあります!
先日お店にも足を運んで、
楽しい時間を過ごしました。

グランプリ受賞の2つの商品が、
日本のモノづくりを支える、
職人さんの手を借りて作られた商品。

値段や派手さではなく、
ただ質が良いという事が評価されたことが、
とてもうれしかった今年の日本文具大賞でした。

子供の目線に立った鉛筆削り ソニック トガリターン

続いては、日本文具大賞グランプリを逃した、
ソニックのトガリターンです。

created by Rinker
ソニック
¥1,201 (2019/04/27 21:27:12時点 Amazon調べ-詳細)

‟機能”と言われると、
この商品が一番しっくりくるかな、
と思ったのがこのトガリターン。
『芯がトガると鉛筆が自動で出てくる』
なんて画期的な機能なんでしょう!

しかしこの機能もさることながら、
ダストケースのこぼれない工夫など、
使う子供たちの事を考えた機能。
こちらも素晴らしいと思います。

テレビで紹介 人気も上昇中!? 共和 たばねバンド

10月8日の『所さんお届けモノです!』、
そして11月1日には『スッキリ』でも取り上げられた、
話題の商品。
それがこのたばねバンドです!

created by Rinker
共和
¥540 (2019/04/27 21:27:12時点 Amazon調べ-詳細)

2016年に発売され、
新聞などでは取り上げられていたたばねバンド。
今年に入ってテレビで取り上げられる機会が、
増えてきました。
スッキリでは文具ソムリエールの、
菅美里さんが『主婦に役立つ文房具』として、
紹介していらっしゃました。

今年100周年の伝統を誇る、
輪ゴムメーカーの共和。
その新たな挑戦であるたばねバンドが、
ここからさらに人気になって欲しいですね!

2017年グットデザイン・ベスト100&グッドデザイン賞特別賞受賞! テープノフセン

続いてはちょっと番外編。
2017年の4月にご紹介した、
ヤマトのテープノフセン

created by Rinker
ヤマト
¥211 (2019/04/27 21:27:12時点 Amazon調べ-詳細)

このテープノフセンが、
グッドデザイン・ベスト100に選ばれました。
この賞はグッドデザイン賞の中でも、
特に審査員の評価が高かったものに
贈られる賞なのだそうです。
さらに!
続く11月にはグッドデザイン特別賞[ものづくり]を受賞!
こちらは

『2017年度に選ばれた中小企業のグッドデザイン賞受賞対象の中で、
製造業または情報・サービス業のデザインとして
特に優れていると認めるものに贈られる賞』

との事で、なんと驚きのダブル受賞!

ヤマトと言えばヤマトのり。
あの地味な伝統的なデザインの、
のりを作っているメーカーです。
そんな老舗メーカーがグッドデザインで、
ここまで高く評価されるなんて!
うれしい限りですね。

ワンコインでお釣りがくる、
手に取りやすい商品です。
ぜひ一度使ってみてください。

まとめ

2017年の下半期のおすすめ文房具、
いかがだったでしょうか。

上半期ほど新製品の数はありませんでしたが、
機能性やデザイン性に優れた文具たちが多数ありました。
上半期で人気だったオレンズネロを筆頭に、
シャーペンのノノックや

消しゴムのピュアスリム

に負けないくらいの機能性文具たちが多数ありました。

また、ISOTを始め、
やはり文房具がメディアで取り上げられる機会が、
とても増えているように感じますね。
ちなみにISOT開催日の7月5日の、
ツイッターのトレンドランキングで、
『#ISOT』は38位に入っていました。
みなさん、大いに注目して頂いたみたいですね。

このまま文具の人気が続いてくれることを、
心から願わずにはいられません。

それではまた次回の記事で。
健康と共にあらんことを。






スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です