Steaca学級通信 第1号 〜バレンタインのメッセージはお手紙で〜




The following two tabs change content below.
RT

RT

名前:RT
業界経験:約10年
性格:マイペース
好きな文具:シャーペン(ゼブラ デルガード)
本人から一言:みなさんへわかりやすく文具の情報を発信します。
icon-twitterTwittericon-google+Google+icon-instagramInstagramicon-youtubeYouTube

みなさん、こんにちは!
SteacaのRTでございます。

今回はいつもの授業とは少し違う、
新たなコーナーを始めようと思います。
その名も

です!
ミホ
今度はなに?おもしろそうじゃん!
ナオキ
MTにちゃんと許可もらったのか?!

って声が上がりそうですね。
もちろんMTにも許可をもらいましたよ!
でも一応私RTがSteacaの代表なんですけど・・・

Steaca学級通信では、普段みなさんがなかなか目にすることは少ないであろう、
文具業界誌文具関連雑誌から、
気になる記事をとりあげてご紹介します!
そしてそれに関する私達の思いや、
私感を述べさせて頂く、文字通り学級新聞の様な内容でお送りします。

Steaca RT
はーい質問ありますか?
ミホ
私たちが参加できる展示会ってないの?
エリ
おすすめの文具店が知りたい!
ナオキ
RTとMTのこともっと詳しく教えてくれよ!
Steaca RT
・・・お伝えできることはできるだけお答えします!

とこんな感じでできるだけお伝えできる情報をいち早くお伝えしたいと思っていますので、
温かく見守ってやって下さい。
それでは、早速今回の記事のご紹介からいってみよ!

全紙工が協賛 『バレンタインデーは手紙を書こう。』

全日本紙製品工業組合は、日本製紙連合と連携して
『バレンタインデーは手紙を書こう。』
というイベントを2月4日から2月12日まで
池袋サンシャインシティ・噴水広場で午前11時〜午後8時まで開かれる。

〜中略〜

イベントの詳細は日本製紙連合会のホームページで確認できる。
全紙工は組合活性化事業の一つとして昨年から参画。

出典:業界紙『ザ・トピックス』 2017年1月30日号 5面より

そもそも文具業界紙の業界というのは、
実は隣り合っていますがまったく別物です。
紙の業界って印刷やら広告やらも含まれてくるので、
文具業界よりも相当大きな業界です。

その紙業界の代表である日本製紙連合会が主催するイベントに、
文具業界も関係する全日本紙製品工業組合が、
そのイベントに参加したよ〜、という事を伝える記事ですね。

ちなみに全日本紙製品工業組合っていうのが、
どういう組織なのかはちょっとよくわかりません。
ネットで調べてみたけれど公式HPも見当たらない。
でも理事長を務めるのは文具業界の雄、
コクヨの代表取締役会長黒田章裕(くろだあきひろ)氏という事なので、
文具業界が関係している事は間違いないようですね。

ペーパーレスが叫ばれる昨今、
こうして紙への興味を持ってもらう為に、
手を携えてアピールを行っているのですね。
ちなみに後援には日本郵便もある様です。
年賀状の発行枚数も年々下がる一方という事で、
こちらも同じ思いの元に参加している訳ですね。

そんな訳で、実際にこのイベントを取材してきました!
……とは言え、もちろん関係者に話を聞いたりできませんので、
見てきましたのでご説明します!

『バレンタインデーは手紙を書こう。』イベントに実際行ってみました

2月12日(日)、池袋はサンシャインシティへと赴きました。
イベントの内容が内容だけに、パートナーも連れて。
さて会場についてみると……

すごい!スッゲー規模の大きいイベントではないか!
なんとなくですが、

Steaca RT
文具業界が絡むイベントなんて大したことない…
なんて思っていましたが、すごい立派なイベントです!

大きなスクリーンにはこんなのが映し出されていました。

“LOVE with PAPER”というキャッチコピーがいいですね。
文具業界経験者の人間としては、こういうオシャレな感じは
とても喜ばしい感じがします。

こちらのキャッチコピーも素敵!
この辺りからRTは少し気恥ずかしくなってきました・・・
がしかし、パートナーはイベントの雰囲気に大はしゃぎ。
対照的な2人でした。

近くまで行くと、

イベント係
この場で書いて頂けると、ハズレなしの抽選会に参加できますよ〜
と係員の方から赤い袋を頂きました。

中には……

応募用紙とイベント概要が書いたリーフレットが入っていました。
これがかなり立派。
イベント向けなのに、かなりしっかり作られています。
封筒かなと思っていた用紙は開くとハート型になるという、
これまたオシャレな演出がされていました!

テーブルが設置されていたので、
そちらに2人揃って座って、お互いへのメッセージを書きます。

Steaca RT
MTの体調が良くなりますように・・・
パートナー
MTも心配だけど私はMTじゃない!
と冗談も通じず、気まずい空気になりながら
書き終わったので、奥にあるハート型のPOSTへ投函!
もちろんちゃんと書きましたよ!

すると福引券をもらえますので、そのまま福引へ。
2人とも参加賞の切手付きレターセットをいただきました。

ラブレターコンテストに参加してみての感想

いやー、とても立派なイベントで本当にびっくりしました。
普段長年一緒にいると気持ちを伝えることができないですよね。
欲しいものをプレゼントすることも悪くはないですが、
やはり気持ちを伝えることが大切!と改めて感じました。

その伝えるツールとして文具って役立つんですよね。
気持ちの表す「紙」であったり、気持ちの色を表す「カラーペン」などなど、
伝え方でツールもかわります。
うーん文具って素晴らしい!

今回は記事を読んだのが遅くなってしまったので、
ここで紹介するのも遅くなってしまいました。
このイベントはこの2月12日が最終日だったんです……。

しかし、ご安心下さい!
この企画自体は2月28日(火)まで開催中です。
『その気持ち、紙に書いて伝えよう
ラブレターコンテスト』
という企画名で、前述の日本製紙連合会のホームページから、
応募用紙をダウンロードして参加できます。

見事優秀作品に選ばれると、豪華景品も当たります!
2014年から2016年の受賞作品も一緒に掲載されていますので、
ぜひ一度ホームページを見てみて下さいね。
日本製紙連合会 イベントHP:http://kamitsubu.com/campaign/loveletter/2017/

Steaca学級新聞編集部後記

学級新聞第1号、いかがだったでしょうか。
今回は最初という事で、取材も入れてちょっと派手にお送りました!

できるだけ予定が合うイベントは参加したり
気になる記事はフォーカスして書いて皆さまに
お伝えしようと思っています。

皆さまも

ミホ
このイベント行ったよ!
とか
エリ
こんな特集してほしい!
などなど、体験談や希望などありましたら遠慮なく連絡くださいね。
お待ちしています!

また、授業では語れないこの文具業界の事や、
文具をとりまく環境なんかについて
色々お伝えできればと考えております。
お楽しみに!

それでは、第2号でまたお会いしましょう!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

RT

名前:RT
業界経験:約10年
性格:マイペース
好きな文具:シャーペン(ゼブラ デルガード)
本人から一言:みなさんへわかりやすく文具の情報を発信します。
icon-twitterTwittericon-google+Google+icon-instagramInstagramicon-youtubeYouTube