Let's draw your life freely!

【1/21UP】看護師&主婦必見!腕や手にメモはもうおしまい!身に付けるメモ WEMO

日本一有名な“消せる”ボールペン!? パイロット フリクションボール!

 
  2018/01/15
MT
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
MT
名前:MT
性格:完璧主義のめんどくさがり
既婚で春からお父さん
主に記事を書いています
映画が好きなインドア派
icon-twitterTwittericon-google+Google+icon-instagramInstagramicon-youtubeYouTube
詳しいプロフィールはこちら

みなさん、こんにちは〜。
Life Palette、
第3回目の授業を始めます。

今回は遂に登場、パイロットのフリクション!
第1回目
第1回:もうボールペン選びに迷わない!学生・社会人にプロがすすめるボールペン

で触れたジェットストリームよりも、
認知度は断然高いはずのこの商品。
言わずと知れた、ボールペンなのに書いた文字が

という革命的なボールペンです。

知らない人はいない!?パイロットのフリクションシリーズ!

それではまず豊富なラインナップの中から、
一部の商品をご紹介しましょう!

フリクションボールノック

・定価:230円(税抜)
・ボール径:0.5mm
・インク色:ブラック・レッド・ブルー
      ブルーブラック・グリーン・
      ライトグリーン・オレンジ
      ピンク・ライトブルー・
      バイオレット(全10色)

まずはスタンダードな単色タイプ。
全10色と豊富な色バリエーションが、
またうれしいですね。

フリクションボール4

・定価:800円(税抜)
・ボール径:0.5mm
・インク色:ブラック・レッド
      ブルー・グリーン
・軸色:ブラック・ボルドー
    ダークブルー・ブラウン・
    ホワイト・ピンク
    ライトブルー
    シャンパンゴールド(全8色)

フリクションの多色ボールペン!
私も使っているのがこの商品。
定価が800円とお手頃なんだけど、
軸が樹脂製でちょっと安っぽいのが不満。

フリクションボール3 ウッド

・定価:2,000円(税抜)
・ボール径:0.5mm
・インク色:ブラック・レッド・ブルー
・軸色:ダークブラウン・ディープレッド
ブラウン(全3色)

フリクションボール4の上位モデルが、
このウッドタイプ(インクは3色ですが)。
この2つの間の1,000円クラスの発売を、
私はずーっと待っています(笑)。
ちなみにRTの私物の為、
フリクションロゴが削れています…。

フリクションボールスリムビズ

・定価:1,000円(税抜)
・ボール径:0.38mm
・インク色:ブラック(レッド・ブルー)
・軸色:ブラック・ブルー
    ワインレッド(全3色)

ビジネス使用に特化した単色と、
細身のステンレス軸が高級感を出しています。
最初にセットされているのは黒のインクですが、
替芯を入れれば赤・青でも使えます。

フリクションボールえんぴつ

・定価:130円(税抜)
・ボール径:0.7mm
・インク色:全24色
(きいろ・やまぶきいろ・みかんいろ・だいだい
 あか・べにさんご・さくらいろ・ももいろ
 べにいろ・あかむらさき・すみれいろ・むらさき
 ぐんじょういろ・あお・そらいろ・みずいろ
 きみどり・みどり・ふかみどり・おうどいろ
 ちゃいろ・こげちゃいろ・ねずみいろ・くろ)
・軸色:クリアの為、インク色に準ずる

フリクションボールのカラーインクタイプ。
豊富なカラーバリエーションは、
全部で24色!

フリクションボールカラーズ

・定価:100円(税抜)
・インク色:全24色
(ブラック・レッド・ブルー・グリーン・ピンク
 ソフトグリーン・ライトブルー・オレンジ・イエロー
 ベビーピンクバイオレット・ブラウン・グレー
 ペールオレンジ・ハニーイエロー・フォレストグリーン
 エメラルドグリーン・スカイブルー・コバルトブルー
 ネイビー・ラベンダー・モーヴ・ローズ・コーラルピンク)

こちらはサインペンタイプのフリクション。
少し太めの文字書きに適しています。
サインペン好きの私としては、
1番のお気に入り。

フリクションライト

・定価:100円(税抜)
・インク色:全6色
(イエロー・ピンク・グリーン・オレンジ
 ブルー・バイオレット)

新しい蛍光フリクションインク搭載!
ボールペンだとインク色が薄く感じるフリクションインクですが、
こちらの普通の蛍光ペンと同じ様に、
キレイな発色です。

フリクションスタンプ

・定価:120円(税抜)
・印面種類:60種類

店頭でも飛ぶように売れるのが、
このスタンプ。
消せるという特性から、
手帳に使う人が多いフリクション。
そんな手帳ユーザーに、
びしっと刺さる商品です。

こちらでは紹介しきれないぐらい、
多くのラインナップがあるフリクション。
それだけで人気の高さがわかりますね。

この大ヒット商品はどうやって生まれたのか。
次はフリクション誕生の歴史と、
その秘密に少し触れてみましょう!

誕生は30年前!?フリクションの歴史とインクの秘密

温度で色が消える?不思議なインクは30年前に生まれた!

三菱鉛筆のジェットストリーム、
ぺんてるのエナージェルの記事でも、
ボールペンのインクについて触れました。

パイロットのフリクションも、
同じく大事なのはそのインク!
なんと今から30年も前に、
その基礎となるインクが誕生していました。

『変態・変身=メタモルフォーゼ』というラテン語から
メタモカラー』と命名されたこのインク。、
当初は温度が上がるとゆっくり色が消えて

温度が下がるとまたゆっくり色が表れる。

子供の頃、マグカップに温かい飲み物を入れると、
絵柄や色が出てくる!なんて商品ありましたよね?
そういう商品にもこのインクは使われていました。

ボールペンに使えるインクになるまで

しかしこのままではボールペンには使えません。
ゆっくり色が消える様では、
ボールペンのインクとしては困るからです。
そこで……


という、メモリータイプのインクへと進化させます。

フリクションボール遂に発売!……なんとフランスで!?

紆余曲折を経て、この画期的なインクを搭載した
フリクションボールは2006年に世に出ることになります。
しかし日本ではなく、
なんとフランスで。

日本と違って海外では、
小学生でもボールペン・万年筆が主流なんです。
子供たちはボールペン・万年筆と一緒に、
修正ペンも持って勉強します。
そんな状況を見たパイロットのヨーロッパ担当者が
消えるボールペンは絶対に売れるから商品化して!
と熱望した結果、発売されることになりました。

ちなみにわかりやすいから、
“修正ペン”って書いたけれど、
本当はもっとめんどくさい。
①万年筆
②インクを科学反応で消す特殊なペン
③消した上から書ける更に特殊なペン

これだけ持って、勉強していたのだから、
フリクションの反響たるやすさまじいものがありました。

日本に先駆けて2006年1月に売り出すと、
人口約6500万人のフランス一国で、
2010年までに約4300万本が売れた。
全世界で累計約3億本にのぼる。
引用元:朝日新聞GLOBE http://globe.asahi.com/feature/111120/02_1.html

そして日本でも巻き起こるフリクション旋風!

フランスで発売された翌年の2007年
満を持してフリクションは日本でも発売されます。
そしてもちろん大好評!
文具店の店頭では売り切れ続出で、
替芯なんかはまったく入荷の予定が立たなかった。

2006年のジェットストリーム
そして2007年のフリクション。
この時期の筆記具売り場は本当に華がありました。
モーニング娘とAKB48が、
同時期にガチでぶつかりあっている様な(笑)。

注意!“消せる”とは“消えてしまう”という事!

知らない人はいないというぐらい、
大ヒットを続けるフリクション。
しかしパイロットのホームページを見ると、
商品紹介のページにこんな事が書いてあります。

フリクションは消せる筆記具です。証書類・宛名など消えてはいけないものには使用しないでください

フリクションで書いてもらった大事な書類。
ちょっと車のダッシュボードに置いておいたら……

全部消えてるー!

Steaca RT

なんていう事件が起きたりしました。
付属のゴム部分で擦らなくても、
温度が上がれば消えてしまうので
ドライヤーで温風をかけても消えます。

だから長期的に保存したい、
日記等に書くのはあまり適さない。
とても便利ではあるけれど、
使う場面はちゃんと分けなければいけませんね。

まとめ:ボールペン界の黒船?フリクションによる文明開化とは?

フリクションの登場は、ボールペン界の衝撃でした。
フランスからの逆輸入という事で、
文字通り黒船来航の様な大事件でした。
そして今まであったボールペンは消せないという常識に
消せる”という新たな文化を持ち込みました。

あっという間に日本中を席巻したこの商品は、
今でも大ヒット商品として売れ行きを伸ばしつつあります。
しかし、この文具業界の巨人を打ち倒すべく
某メーカーから新たな刺客が放たれる様です。
その商品とは……年が明けた2017年にご紹介する予定です。

2017年あの三菱鉛筆から、
消せるボールペン『ユニボールアールイー』が、
ついに発売されました!

2017年は両者の熱い戦いが繰り広げられそうですね!

それでは、今回はこのへんで。
健康と共にあらんことを。

この記事を書いている人 - WRITER -
MT
名前:MT
性格:完璧主義のめんどくさがり
既婚で春からお父さん
主に記事を書いています
映画が好きなインドア派
icon-twitterTwittericon-google+Google+icon-instagramInstagramicon-youtubeYouTube
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Life Palette , 2016 All Rights Reserved.